その他

パスポートの申請・書類・申請場所

パスポートは「国際的に通用する全世界共通の身分証明書」として、
出国者の属する政府によって発行される渡航文書です。

これが無いと日本外に行くことが出来ず、
折角空港まで来たのに忘れて出国できなかった、、、、なんていう笑い話にも
ならないことも。。。

今回はそんなパスポートについてまとめました。

パスポート申請に必要なもの、必要書類は?

新たにパスポートを作る場合、パスポートの新規発給申請手続きを行いパスポートを作ります。そこでパスポート申請に必要になる物や書類等について調べておきましょう。日本人向けのパスポートは日本国内又は海外でも申請発行する事が出来ますが、日本国内と海外では一部の準備書類に違いが有ります。

先ず一般旅券発給申請書ですが、10年用と5年用に分かれており、共に外務省のパスポート申請等のページや各都道府県のパスポート申請窓口等のページからダウンロードして入手する事が出来ます。

次に戸籍謄本や戸籍抄本の原本1通ですが、日本国内に在住の方で住民基本台帳ネットワークの利用を希望されない方や単身先等の住民登録をされていない方は、住民票の写しも1通必要になります。

次にパスポート様の写真は縦45mmx横35mmのサイズを1枚、日本国内在住の方は本人確認書類として運転免許証等が必要になります。海外に在住の方は運転免許証等の代わりにその国の在留許可証等が必要になりますので、パスポートを発給する大使館等に事前に確認する事が大切です。又、従来使用していたパスポートは、返納と失効処理が必要ですので必ず準備持参する様にします。




パスポート申請場所の調べ方

パスポートの申請を行う場合、初めての方はどこで申請すれば良いか良く判らないと思います。現在、パスポートの申請場所を調べる為には外務省のホームページから調べる事が出来ます。外務省のホームページの中に有るパスポート申請の項目が、各都道府県のパスポート申請のホームページにリンクしており各都道府県のパスポート申請場所を調べる事が出来る様になっております。

現在、基本的に各都道府県の各市町村役場の窓口でパスポート申請を行う事が出来ます。但し、原則としてその市区町村に住民票が有る人が対象となっており、その市区町村に住民票が無い方は、住民票の有る市区町村でパスポート申請を行う必要が有りますので注意しましょう。

以前、パスポートの申請と言えば各都道府県に何ヶ所か設けられていたパスポートセンター等で申請を行う必要が有り、わざわざパスポートセンター迄出向く必要が有る等パスポート申請者の利便性がとても悪かったので、現在はとても利便性が向上したと言えます。




パスポート申請書の記入例を見たいときは?

パスポートを申請する際には、「一般旅券発給申請書」を提出してパスポートの発給申請を行います。この一般旅券発給申請書は5年用と10年用の2種類が有り、必要項目を記入し申請します。しかし、初めての方にとっ手は必要事項の記入も不安が有る為、記入例を参考にする事が出来ます。

一般的にはパスポート申請を行う市町村のパスポート申請窓口や、各都道府県のパスポートセンターの受付窓口に記入例が据え付けられており、それを見ながら必要事項の記入を行う事が出来ます。又、現在ではインターネットのサイトでも、このパスポート申請書の記入例を取り扱っているサイトが多数有りますので、必要事項の記入に不安の有る方はインターネットで検索して見る事をお薦めします。

このパスポートの申請書を記入する場合にはいくつかの注意点が有りますので確認しておきましょう。パスポートの申請書は5年用と10年用、更に記載事項変更用があり、申請書の右上にこれらの区分が記載されているので間違えないようにしましょう。

主な記載事項は、氏名、パスポート所持者の直筆サイン、従来のパスポート所持の有無、現住所等になります。特に個人を特定する氏名や直筆サイン等、現住所等の情報は、パスポートに直接記載される大変重要な情報で有る為、虚偽や間違えの無い様に充分注意する事が必要です。




パスポート申請の料金と期間は?

パスポートの申請に掛かる費用やパスポートの有効期間について調べて見ましょう。基本的にパスポートには10年用と5年用の2種類が有ります。

パスポートの申請は新規申請又は切替申請、訂正新規申請、増補申請等が有ります。新規申請又は切替申請は、新たにパスポートを申請する場合や、パスポートの期限が切れる場合に再申請を行う手続きの事を意味しております。

申請に掛かる費用としては、10年用のパスポートの場合16,000円、5年用のパスポートの場合は11,000円、更に12歳未満の5年用パスポートの場合は6,000円の費用が掛かります。次に訂正新規申請は、結婚等に伴う氏名変更や本籍地に変更等が有った場合の申請となり、掛かる費用は新規申請と同様に10年用のパスポートの場合16,000円、5年用のパスポートの場合は11,000円となります。

更に、頻繁に海外への渡航を行う方はパスポートのビザ欄の余白が無くなってしまう場合が有る為、1つのパスポートで1回限り増補申請を行う事が出来ます。この増補申請はビザ欄を新たに40ページ追加する事が出来る申請で、2,500円の手数料で行う事が出来ます。