その他 PR

マイナポイントの手続き・使い方・期間

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マイナンバーカードを申請するともらえる「マイナポイント」

しかし、マイナンバーを申請するだけではもらえず、
またポイント会社ことに申請方法も違うため、うまくできなかったりします。

今回は、そんなマイナポイントの申請の仕方などをまとめました。

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得した人が、一定の条件をクリアすると、ポイントが還元される仕組みです。

すべての条件をクリアすると「2万ポイント相当」を付与されます。

条件は全部で3つです。

  1. マイナンバーカードを取得、ひも付けたキャッシュレス決済を利用:利用額の25%、最大5,000円相当のポイント還元(マイナポイント事業第1弾)
  2. マイナンバーカードを健康保険証として申し込む:7,500円相当のポイント還元
  3. マイナンバーカードを使って公金受取口座の登録:7,500円相当のポイント還元

になります。

第1弾で条件をクリアしたひとでも「②」「③」を行ってポイントをもらうことができます。

②と③については、マイナンバーカードに健康保険と公金受け取り口座を登録するだけですので、イメージしやすいですが、問題は「①」の「ひも付けたキャッシュレス決済を利用:利用額の25%、最大5,000円相当のポイント還元」。

こちらには注意が必要です。
というのも、各キャッシュレス業者の申し込みサイトが異なっており、
ポイント付与も、チャージなのか?利用額なのか?で違います。

申し込みたいキャッシュレス業者の条件に関しては、
公式サイトを確認してください。

対象となるキャッシュレス決済サービス検索
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

5,000円相当のポイント還元する方法

ポイント還元を受けるには、マイナンバーカードを取得後、
マイナポイントとして受け取りたいサービス業者の公式サイトやアプリなどから
ひも付ける必要があります。

ひも付け後は、対象のキャッシュレス決済を使って買い物、あるいはチャージをすると、一定期間後(付与のタイミングは決済サービスで異なります)に利用額の25%、最大5,000円相当が還元される仕組みです。
その為、紐づけた後、直接5000円分のポイントがもらえるわけではありません。
最大5000円分のポイントをもらうためには、2万円分の利用やチャージが必要になります。

また、「マイナポイント」という名称のポイントが還元されるわけでありません。付与されるのは自分が選んだ決済サービスのポイントで、たとえば「PayPay」であれば「PayPayポイント」、「Suica」であれば「JREポイント」が還元されます。

動画で学ぶマイナポイント

なんとなくわかるけども、実際の手続きの手順や画面を見たいという方には、
下記の動画をご覧ください。

「NIKKEI マネーのまなび」さんの動画です。
色々な動画を見ましたが、これが一番わかりやすいのでオススメです。

申請した後、「何をどうしたらいいのか?」「ポイントを付与するための手順は?」などが凄くわかりやすく説明されております。

マイナポイントの手続きを行う前に、ぜひ見てみて下さい。

マイナポイントを簡単にゲットする方法 「マイナポイント手続スポットを使う」

難しくて手続きする自信が無いという方は「マイナポイント手続スポット」を使いましょう。

マイナポイント手続スポットとは?

マイナポイント申込手続が安心・安全に、かつ無料でできる場所です。
全国約7万箇所の端末でお手続が可能です。
目印はこのマーク!事務局が登録した手続スポットには、必ずこのマークが掲示されています。(※)

(※)市区町村が庁舎内に設置した窓口では、掲示していない場合があります

マイナポイント申し込み申請をお手伝いしてもらえるスポットになります。

説明や動画を見てもよくわからない。難しいと感じる方は多いと思います。
その場合は、スポットに行き直接説明してもらうのをおすすめします。

スポットについては、下記URLから検索することができます。

マイナポイントの申込みができるスポット検索https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/reserve_search/list?lg=1

決済事業者が自社の決済サービスの申込支援をしているスポットも表示する」はチェックしておきましょう。

イオンであれば、イオンポイントの申し込み申請を、
docomoであれば、dポイントの申し込み申請を支援してくれます。

マイナンバーカード ポイント いつまで

「マイナンバーでマイナポイント 第2弾」の期限は

  • マイナンバーカードの申込み期限:2022年9月末 ⇒ 2022年12月末まで
  • マイナポイント申込み期限:2023年2月末

となっております。

詳しくは下記公式サイトをご覧ください。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/ad/2203_02/

子供のマイナポイントはどうしたらいいの?

マイナポイント事業でのポイント付与は、子どもでも対象になります。
子ども(未成年)の場合、法定代理人(親など)名義のキャッシュレスサービスを登録することで、マイナポイントをもらうことが可能です。
つまり、両親と子ども2人の4人家族なら、世帯で最大2万円ポイントをゲットできます。

ただし、注意したい点が一つあります。

それは

マイナポイントに紐づけるキャッシュレス決済は、1人1つ」ということです。

つまり、

父 楽天ポイント 子供 父の楽天ポイント ⇒ × できません  「マイナポイントに紐づけるキャッシュレス決済は、1人1つ」に反するため子供のポイントを付けることができません。

以下の場合は可能です

父 楽天ポイント 子供 父のdポイント ⇒ 〇 できます
父 楽天ポイント 子供 母の楽天ポイント ⇒ 〇 できます

といったように、別々のキャッシュレス決済または、別の人のキャッシュレス決済にすれば可能です。