その他

雨雲レーダーのリアルタイム・予測・アプリ

高い精度で雨雲をとらえるようになってきております。

また、無料で簡単に確認できることもあり、最近では天気予報と併用して

雨雲レーダーを見る人も増えてきております。

今回はそんな雨雲レーダーをまとめました!

雨雲レーダーをリアルタイムでみれるサイトは?

近年はゲリラ豪雨や雷雨が多く、通常の天気予報だけでは対策しきれないこともあります。そこで重宝するのが雨雲レーダーです。いくつものサイトでリアルタイムでの雨雲レーダーが提供されています。例えばウェザーニュースの雨雲レーダーチャンネルでは、アニメーションで雨雲の2時間前から現在、さらには6時間後までの動きをチェックすることが出来ます。日本全体はもちろんのこと、エリア毎の細かなデータも見ることが可能です。もう一つはYahoo!雨雲レーダーです。マウスを使って自在に地図画面をズームする事が出来る操作性の良さが魅力で、2時間前から1時間後までの雨雲の動きをアニメーションで確認することが可能です。加えて警報や注意報に河川情報などの災害情報も一つの画面で確認することが出来、防災にも役立つサイトであります。さらにもう一つ、日本気象協会のサイトでも豪雨レーダーというページがあります。白地図にカラーの他、衛星画像を元に1時間前から1時間後の予想までチェック可能です。それぞれ特性がありますので、目的に沿ったサイトをご選択ください。




雨雲レーダーではなにが予測できるの?

では実際に雨雲レーダーを使うことで具体的に何が予測出来るのでしょうか?一つは今いる地点やこれから行く地点で雨雲が近づいて来るのかどうかです。近年は急な雨雲の発達で強い雨が降り出すことが多くなっています。雨雲レーダーのサイトでは10分ごとの雨雲の動きを確認できるため、近い未来の時間に雨が降ることを知ることで備えることが出来ます。さらにYahoo!雨雲レーダーの場合はピンポイント予想の中にレジャー施設ごとの予報もチェック可能です。もう一つは雨の強さを予測出来ます。近づく雨雲はどれほどの量の雨を降らせるのかを知ることが可能です。Yahoo!雨雲レーダーの場合は0-1mm/hから80mm/hまでを色分けして表示していますので、視覚的に強い雨か否かを知ることが出来ます。前後の雨の状態をアニメーションで知ることが出来るので、時間をさかのぼってこれまで降った雨量とこれから先の雨量を確認出来ます。レジャーにビジネスに、防災対策にと用途は多彩です。



雨雲レーダー予測のアプリはある?

外出先でのゲリラ豪雨や雷雨は怖いですよね?その際にはスマホでも雨雲レーダーをチェックしたいもの。そこで役立つのが雨雲レーダーアプリです。現在は数多くのアプリがリリースされており、無料で取り入れることが可能です。Yahoo!天気アプリはPC版の雨雲レーダーも備えられており、PC同様にチェックすることが出来ます。その他にも紹介しますと、雨マップというアプリがあります。こちらは1km四方のメッシュサーチでよりピンポイントな予報が実現。6時間後までの雨雲の動きを確認出来ます。続いては雨アラームです。レーダー図で雨雲を確認できるだけではなく、こちらのアプリでは雨雲が近づいてくるとスマホが通知してくれるというシステムが魅力です。最後はアメデス~XRAIN(XバンドMPレーダ)です。国土交通省のXRAINによる雨量データを採用しており、1分単位のデータ更新により5分刻みの雨量画像再生が可能です。よりリアルタイムの予想が確認できるでしょう。お好きなアプリを早速取り入れてみてください。

レーダー・ナウキャストでできること

気象庁も「レーダー・ナウキャスト」という気象庁の公式ページ内で雨雲レーダーを掲載しています。こちらで出来ることとして、まずは降水ナウキャストです。全国各地の雨雲の動きを3時間前から1時間後の予想までアニメーションで確認出来ます。予想については5分ごとの雨雲の動きをチェックでき、雨の強さも視覚的に色分けされていますので見やすいです。カーソルから地方ごとの拡大画面も見ることが出来ます。そして雷レーダーと竜巻発生確度も選択可能なのがこちらの特徴です。雨雲同様に1時間後までの雷活動の予想も見ることが出来ますので、ゲリラ雷雨対策にも有効となるでしょう。さらに竜巻発生確度は他のサイトやアプリではなかなか確認できない事項ですので貴重な情報。これについても1時間先までの予測を画像で確認できますので、竜巻被害に遭わないよう退避行動をとれます。なお気象庁のレーダー・ナウキャストのサイトからQRコードを読み込むことで携帯端末でも見ることが出来ますので、外出時には是非ご活用ください。