コレル草案

 

毎年、決算が近づいてくると確定申告の話題が多くなりますね。
実は、2020年からe-tax(電子申告)を利用すると特別控除が10万円も増えることをご存知でしたでしょうか?

国税庁のHPより

令和2年(2020年分)から電子申告にすると10万円も特別控除が増えます!!
しかし、いざやってみようと思っても必要書類や作成方法など難しいことも多いですよね。

今回はそんな電子申告(e-tax)の方法や必要書類。そして、電子申告の強い味方「coreru」のご紹介をいたします。




e-Taxとは

e-Taxとは、国税庁が2004年から導入した確定申告などの各種納税の手続き及び国税に関する申請・届出を、インターネットを使用して行うことが出来るようにしたシステムです。
所轄の税務署に行かずともインターネットで確定申告ができることもあり、迅速性・効率性から、法人や税理士の利用が増えております。
また、生命保険料控除の証明書や医療費控除の領収書などの添付書類の提出を省くことができます。(後から提出を求められることもありますので、保管は必ずしてください)

・土日祝日関係なく24時間提出できる
・添付書類を省くことが出来る
・申告期間が通常に比べて長い
・還付金の支払いがスピーディー

・電子証明書を取得する必要がある
・開始届出書を提出する必要がある
・確定申告書等作成コーナーで作ると難しい




電子証明書を取得する

e-Taxソフトを利用するには、「電子証明書」が必要となります。
これは、「作成者」と「送信されたデータに改善がない」ことを証明するためのものです。

電子証明書を取得するためには、「公的個人認証サービス」や「商業登記認証局」などの認証機関に電子証明書の利用申し込みをし、電子証明書の発行を受ける必要があります。また具体的な費用及び取得方法については、発行機関によって異なりますので注意して下さい。

個人の場合は、電子証明書が「マイナンバーカード」に入っておりますので
ICカードリーダライタと呼ばれるカード読み取り機を使えば大丈夫です。
ICカードリーダライタは家電量販店などで販売されております。

法人の場合は、「マイナンバーカード」がありませんので、上記に挙げた法務省が運営する「商業登記認証局」などの証明書発行機関で手続きを行い発行してください。

e-Taxソフトで利用できる電子証明書の一覧と申込み方法や費用などについては、e-Taxのページから確認できます。

電子証明書の取得|e-Tax




開始届出書を提出する

マイナンバーカード方式以外でe-Taxを利用する場合、「電子申告・納税等開始届出書」とよばれる届け出を事前に提出する必要があり、管轄の税務署長に提出すると「利用者識別番号」を発行してもらえます。

「電子申告・納税等開始届出書」は2通りの提出方法があります。
1つは書面で提出する場合。こちらは利用者識別番号の通知まで10日程度のかかります。
もう一つは、e-taxのホームページをから届け出を行う方法。
こちらのほうが利用者識別番号の通知が早いため、おすすめです。

手順につきましては、下記ページから確認することができます。

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【事前準備】|e-Tax

確定申告書等作成コーナーとは

「確定申告書等作成コーナー」というページが国税庁のホームページにあります。
画面の案内に従って金額等を入力することにより、確定申告書等の書類を作ることが可能です。しかも、自動計算になっているため、難しい計算をする必要はありません。

ここで作成した書類の提出方法は2つ
1つはe-taxを使い、インターネットで電子申請する方法。
もう1つは、作った書類を印刷して、税務署に郵送または持参する方法があります。

 

うーん。実際、確定申告をネットでしてみようと思ったけど色々書類も取らないといけないし難しい・・・・。
そんな時はエクセルさえできれば使える税理士保証がついた「coreru」を使うといいよ!
帳簿を作ることができない。確定申告がわからないけど、65万円の控除を受けたい。作ってみたけども、本当にあっているか不安。けど税理士さんにお任せるのも、、、なんていう人におすすめなんだ。
そうなんですね。エクセルぐらいなら私でも出来そう!
うん。たった3つで確定申告が完了するから頑張って。

coreruならたった3つで確定申告が完了!

 

coreruを使えば、専門家がきっちり仕分けしてもらえて安心♪
しかも、青色申告になるから65万円の控除が適用されてお得。

副業・フリーランス・個人事業主におすすめな「coreru」

▽▽詳しくはこちら!▽▽