その他

高齢者講習の内容・金額・認知症テストの内容

70歳から74歳までの方は免許更新の際、

高齢者講習を受講しないと運転免許証の更新はできません。

運転免許証の更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)の年齢が70歳から74歳までの方で免許更新を希望する方は、更新手続前に高齢者講習等を受講してください。

今回は、高齢者講習についてまとめました。

運転免許更新の高齢者講習とは

近年、高齢者が操作や判断を誤り事故を起こすケースが増えています。
どんなに運転技術が卓越した方でも、加齢とともに判断力や運動能力、反射神経、視力などが衰えてしまうのは避けられません。
しかし運転歴の長い方ほど自身の運転に自信を持っており、 動体視力や判断力が低下していても免許を返納しないケースが少なくありません。

そこで運転免許の更新に合わせて70歳から74歳の方は適正な運転能力を保有しているかどうか確認する検査を受けることが1998年から義務化されました。
この検査に安全運転のための座学などを組み合わせたものが「高齢者講習」です。

http://qa.jaf.or.jp/accident/license/03.htm

講習時間は座学と運転講習を合わせて2時間となっています。
ゴールド免許の講習時間30分に比べると4倍長くなっていますが、 人の命に関わることなので真剣に集中して取り組む必要があります。

講習を受けられる期間は誕生日の5ヶ月前から、誕生日の1ヶ月後までの合計6ヶ月間です。
更新期間が近づくとハガキでお知らせが来るので、そこに記載されている指定自動車教習所や運転免許試験場でに電話などで講習の予約をとってください。




高齢者講習が必要な年齢と料金

安全な運転をするためには動体視力や反射神経が必要になります。
これらの能力は加齢とともに衰え、高齢になると安全な運転ができないほど低下します。
一般的には70歳を超えたあたりから能力が低下し始めるので、それに合わせて各種運転能力の検査が必要になります。
そのため高齢者講習を受ける必要があるのは70歳以降の方となります。
ただし、70歳に達したら例外なく運転免許試験場等で講習を受けることになるわけではありません。
70歳になっても免許の有効期限が残っていれば引き続き車を運転することが可能です。

実際に高齢者講習を受ける義務があるのは70歳を過ぎて運転免許の更新期間を迎えた方達です。
この方達の中で運転免許の更新を希望する方は必ず高齢者講習を受講する必要があります。

高齢者講習の料金は免許更新を希望する方の年齢や受講する講習の内容によって異なります。
70歳から74歳の方は一律5,100円ですが、75歳以上の方で講習予備検査の結果、3時間の講習が必要とされた方は7,950円となっています。

高齢者講習認知症テストの内容

高齢者講習認知症テストとは75歳以上で免許を更新する方が受けなければならない検査のことです。
一般的には「認知機能検査」と呼ばれています。

次ページへ続きます

1 2