生活

国税庁のホームページについて・確定申告とは・医療費控除について

医療費控除を申請するときは、医療費の明細書を作成したあと、確定申告書の医療費控除の欄に記入します。

医療費の明細書は、確定申告書とともに配布されているものか、国税庁のホームページからダウンロードして印刷すると、手書きで記入できます。ホームページの確定申告書作成コーナーでは、直接入力して集計を行うことが可能です。自作のものを利用しても構いません。

確定申告が難しいと感じた方は、会計ソフトがおすすめ

国税庁の確定申告書作成コーナーで、確定申告をしようとすると、
実は意外と大変です。
その理由は、国税庁用の確定申告ソフトが意外とややこしく、
入力の前に心がくじけてしまうことも。。。。
(筆者は、初めて確定申告を行う時に、挫折しました。。。。)
筆者がおすすめする方法は
①市販の会計ソフトを使う
②e-tax で提出する
です。
市販の会計ソフト(マネーフォワードや弥生、freeeeなど)を使うと
すごく簡単に作成することができますし、
各会社様がサポートを充実させているので、
困ったときは相談することができます。
金額も、月額費用での請求になるので、
この期間にだけ契約することも可能です。
また、税務署に電話したり、訪問するのもいいでしょう(現状では訪問は難しいかもしれませんが)
マルサの女という映画が過去ありました。
国税庁の職員さんたちは怖い人たちが多いというイメージだったのですが、
しっかり税金を納めようとする人には、丁寧に教えてくれます。
「右も左もわからない」
「しっかり納税の仕組みを把握しておきたい」
「〇〇費に該当するのか?」

などの疑問は直接問い合わせするのもいいでしょう。

確定申告は大変ですが、納税していないと後々大変なことになりますので、
頑張って確定申告を行いましょう。

1 2 3